海不足

スペインに来て10日が経ちました。
今週からスペイン南部のアンダルシア地方に滞在しています。
毎日のように観光スポットへ出かけ、
写真や映像でしか見たことがなかったものを自分の目で見て感じて、
充実した毎日を過ごしています。

トレド!
アルハンブラ宮殿!
コルドバ!

でもなんか違う。
ハイペースで観光して疲れたのもある。
会話力がなく必要最低限のコミュニケーションしかとらなくて孤独なのもある。
(スペイン語はもちろん、訛った英語も聞き取れない💦)
アジア人差別かな?というものを経験したのもある。
10日経って、この旅を心から楽しめていないことに気づきました。
帰国日までまだまだ遠いなあとしょんぼりしている自分に気づきました。

こういう心が弱っているときは海に行くに限る!
ということで海を見に行ってきました♪

リゾート開発が進むネルハという小さな海の町です。

大きなメインビーチはオフシーズンの今でも賑わっていたけど、
静かな穴場ビーチもいくつかあって、
そこで久しぶりに潮風と紫外線をたっぷり浴びながらのんびりしていました。
心がホッとするのを感じました。
ずっと内陸にいて海不足だったみたいです。

町の規模も田舎者の私にはぴったりで、
スペイン大手のスーパーマーケットもあるし
(↑私にとってこれ重要!)、
ビーチまで歩いてすぐだし、
このネルハがとても気に入りました。
これまで美術館やカテドラルでたくさんの絵を見てきて
そろそろ持ってきたスケッチブックを使いたいなと思ってきたころだし、
ここでのんびり‘落書き’でもしながらゆっくりしたいなと思いました。
そこで、次の次の宿をネルハでとって少しステイすることにしました♪

大好きな海を前に肩の力が抜けて、
これまでの必死な観光(日本人特有かな?)から
自分にとって心地いい過ごし方に変えるようと思うことができました。
肩の力が抜けたら、怖がらずに対話を楽しめるようになるかもしれないし。
何のために旅に出たのか、
何を得たくて3ヶ月もの長い期間旅をすることにしたのか、
忘れかけていたことを思い出すことができたネルハへのプチトリップでした☆