夏ノ思イ出2019

京都北部~兵庫北部の旅の記録です。

ずっと行ってみたかった伊根の舟屋
遊覧船に乗って海から舟屋を見ることができました♪
昔は山側に道が無く、
海へ直接出入りできるようにするためにこの構造になったらしいです。

↑左が出石のシンボル辰鼓楼

そして、ひっさしぶりの出石(いずし)町。
出石といえば辰鼓楼(しんころう)と皿そば!
ふと無性に皿そばが食べたくなり寄りました♪

豊岡市では初めてコウノトリを見ることができました!
赤ちゃんを運んでくるイメージでおなじみのコウノトリ♡
写真はコウノトリの郷公園で飼育されているコウノトリですが、
市内の円山川沿いの田んぼで野外コウノトリも見ることができました!
\(^o^)/
野生ではなく”野外”。
日本の野生のコウノトリは約50年前に絶滅していまい、
野生復帰をめざして保護増殖に取り組んでいるそうです。

見よ!この透明度!

メインイベントは、幼なじみのファミリーと行った海水浴。
(穴場的なポイントなので場所は秘密です☆)
日本海での海水浴は生まれて初めてでした。
海に入る=サーフィンなので(^^;
元気盛りの子ども達と水鉄砲で遊んだりシーグラスを拾ったり。
とにかく透明度の高いキラキラした海が最高に気持ちよかったです。
普段入っている伊良湖の海が・・・(←自粛)なので💦

実は今回の旅は、
私にとって唯一幼なじみと呼べる、
30年以上の付き合いになる親友に会いに行くことが目的でした。
性格も生き方も真逆で、
一緒に過ごした時間より離れている時間の方が圧倒的に長いのに、
こうやって続くご縁。
これからも大切にします。
そんな幼なじみのファミリーと行った海が忘れられなくて、
帰って来てから描きました♪