ユーラシア大陸最西端!

スペインとしばし別れて隣国ポルトガルへ。
首都リスボンから電車とバスを乗り継いで1時間ちょっとのロカ岬。
ここはユーラシア大陸最西端の地です。

石碑には、
Onde a terra acaba e o mar começa
(ここに地終わり海始まる)
というポルトガルの著名な叙事詩の一節が刻まれています。

この海の先にあるのはアメリカ大陸。

ユーラシア大陸の西の端っこは、なかなかの断崖絶壁でした。

島国日本に住む私にとって
ユーラシア大陸最西端と言われても正直そこまでの感慨はないのですが、
それでもここを訪れた目的はこれ!

ユーラシア大陸最西端到達証明書です!
日付と名前を記入してくれて蝋(ロウ)のスタンプも押してくれるんです。
これはここに来ないと手に入らないので11ユーロ払ってでも欲しかったんです。

ところが、係員の女性から露骨な東洋人差別を受け意気消沈。
せっかく手に入れた証明書ですが、
これを見るたび嫌な思い出がよみがえりそうなのでもうあまり見たくないです💧
ポルトガル初日にこんな目に遭い、ポルトガルが嫌いになりかけました。

帰りはなんとか気分転換したくて
行きとは違う海沿いのルートでリスボンに戻ったのですが、
そのときの電車の表示に少し癒されました♪

サーフボード持ち込みオッケー☆

    前の記事

    The “This is me”