チョコ募金

JIM-NETのチョコ募金って知ってますか?
私は今年初めて、大好きなSUGIZOさんを通じて知りました。
JIM-NETは、イラク小児がん病院への支援やシリア難民支援等を行っている特定非営利活動法人で、
チョコ募金は、2006年から行われているクリスマスからバレンタインデーのキャンペーンのだそうです。
詳しくは、こちらのサイトをのご覧になってください。

私が今回お伝えしたいのは、
こんな募金めっちゃいい!
ってことです。

めっちゃいい!① かわいいチョコが届く

昨日届いたばかりのこちらをご覧ください。

こんなにかわいい缶の中にチョコが入っているんです。
おしゃれ雑貨屋にあったら女子は迷わず手に取るデザイン。
(*´▽`*)
缶の後ろに入っているカードの内容はこんなかんじ。

子供の描く女の子って、万国共通ですね♪

めっちゃいい!② おいしいチョコが届く 

缶の中に入っているチョコは、
あの有名な六花亭のチョコ!
原価で提供しているそうです(つまり儲けなし)。

六花亭のチョコが10枚入っています。
まだ食べていないけど、おいしいはず!
理由は六花亭だから!
(謎の六花亭推し)

めっちゃいい!③ お手軽な金額

こんなかわいくておいしいチョコが、1缶550円!
(通販番組かよ)
550円のうち、必要経費を除いた約325円が募金になるそうです(今年度の場合)。
1セット4缶入りで2,200円、募金額は約1,300円。
こうやって、ちゃんと必要経費を除いての募金というのがいいなと思うんです。
とかく日本では、ボランティアというとなんでもかんでも無償と思いがちだけど、
そこに携わる人がいる限り経費は発生して当然。
ボランティア、チャリティーに有償無償は関係ありません。
(`・ω・´)

以上の点に魅力を感じて、今回初めてチョコ募金に参加しました。
募金に参加したというよりは、
単にかわいいチョコを購入したという感覚の方が強いです。
それって、すごく大切だと思うんです。
なぜなら、続けやすいし、周囲にも薦めやすいからです。
現に私も、少しでも多くの人に知ってほしいと思ってこうやって書いていますし。
JIM-NETの活動内容に大して興味がなくても、
単にチョコを買いたいという動機で参加するのもありだと思います。
参加することで次第に興味がわいてくるだろうし。

かわいくておいしいチョコを買えて私は嬉しい、
そのうえ、支援が必要な人の支えになれる。
すごく素敵なことだと思ったので、
SUGIZOさんのような影響力ある人間ではないけれど、
シェアさせていただきました☆

封筒のチョコ食べてるおじさん?もかわいい