クリスマスに想うこと

今日はクリスマスイブ。
名古屋市内の某百貨店では、
「今年は振替休日となり、自宅で家族と過ごす人が多いとみられることから、
例年より1割ほど多くケーキを用意した」
そうです(ローカルニュース番組より)。

私にとって、クリスマスと言えば、
映画『戦場のメリークリスマス(Merry Christmas, Mr.Lawrence)』。
ラストシーンでのビートたけしの
「ローレンス!・・・メリークリスマス。
メリークリスマス、ミスターローレンス。」
というセリフと、
それにかぶさるように流れるあの名曲、
坂本龍一の”Merry Christmas Mr.Lawrence”。
この二つが強烈過ぎて、今でもこのセリフと旋律だけで泣けます。

そんな『戦場のメリークリスマス』の舞台、ジャワ島も
22日に発生したインドネシア津波に襲われ、
多くの方が犠牲になっているとのこと。
特に、インドネシアの人気ロックバンドのライブ会場を津波が襲い、
バンドメンバーの一部も流されてしまったという情報には、
ロックバンド好きの私は特に心が痛みました。
22日~24日の三連休中、さいたまスーパーアリーナ、Zepp Divercity、
Zepp Osakabaysideをはじめ、
日本各地でも人気ロックバンドのライブが行われていました。
私はどれにも参戦できませんでしたが、
SNSを通じてその熱狂、興奮、歓喜を共有し、心躍らせていました。
その同じころに、ジャワ島で起こっていた悲劇。

インドネシアでは9月にも津波で多くの方が犠牲になっています。
神様はどうしてこういう試練を与えるのだろう、
とやるせない思いでいっぱいの一方、
今年も平穏無事にクリスマスを過ごせていることに
感謝の気持ちでいっぱいです。

“Rainbow Skull”初めてのクリスマス☆

日本もインドネシアと同じく、
火山大国であり地震大国。
だからなおさら、今この瞬間の平穏に感謝し、
今この瞬間を大切にしたいと思いました。